ページトップへ戻る

マットレス洗浄

ココが違う!マットレス洗浄4つのポイント

  • point
    1
    病院・福祉施設などで実績があり自社工場なので品質が違います。
  • point
    2
    血液・尿汚染等のマットレスが綺麗になって使用できます。
  • point
    3
    利用者様の退去時にマットレスを1本からでも洗浄できます。
  • point
    4
    洗浄の時に代替マットレスも貸し出しがあるので大変便利です。

マットレスがキレイになるまで

  • 1.受入検査

    マットレスの側地のへたり・ほつれ・シミ具合を、伝票と合わせて点検し、作業準備をします。汚れ具合を確認し、マットレス一枚一枚にタグを付け、一点管理いたします。また、血液など感染の恐れがあるマットレスは一次消毒を施します。

  • 2.シミ取り

    安全データシートに基づいた各種溶剤を使用し、シミ取りマニュアルに沿って、マットレス一枚一枚、手作業で処理します。シミ取りに使用した溶剤は、お湯で十分に洗い流します。

  • 3.前処理

    マットレスにAINC特許洗剤を噴霧し、マットレスの内部まで洗剤を浸透させ、汚れを取りやすくした後、側地をブラシで洗い、汚れ、臭いを除去します。

  • 4.洗浄脱水

    洗浄・脱水機を使用し、マットレスの全面に水を充分に噴きつけ、洗浄して洗剤を除去後、マットレスの原型をいためない様にして脱水します。

  • 5.蒸気(温熱)消毒

    ガス・薬剤を一切使わない安心のシステム。
    洗浄後の水分を含んだマットレスの気化した水分が蒸気となり、それを循環し加熱して高温蒸気をマットレスへ十分供給し蒸気消毒を行います。 また、シーケンス制御により蒸気(温熱)・乾熱乾燥・冷却の各工程を自動運転します。

  • 6.検査

    乾燥したマットレスの表・裏面全体の仕上がり確認と乾燥状態を湿度で計測検査をします。

  • 7.梱包

    検査後、ビニール梱包し、シルバーサービス振興会の「消毒工程管理認定シール」「AINCの洗浄・消毒済証」を貼付します。

  • 8.管理・出荷

    マットレスまたは得意先毎に管理し、出荷準備をします。

 

 

消毒の各工程履歴管理(トレーサビリティ)

トレーサビリティとは、「商品の履歴情報を追跡すること」です。福祉用具の消毒工程管理認定制度でも、必要情報が適切に記録されていることを認定基準としており、トレーサビリティの概念が導入されています。

記録が必要な主な項目
●福祉用具の搬入・搬出の年月日
●搬入・搬出の対象となった福祉用具が特定できる記号等
●消毒作業を行った年月日時、作業担当者名
●作業消毒設備・装置等・使用消毒薬など

お問い合わせ電話FAX

メールでのお問い合わせ

Copyright© maruya All rights reserved.